哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

辻章著作集
川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆




金融危機後の世界

【内容】
『21世紀の歴史』で予見したジャック・アタリによる緊急執筆! 世界は、金融資本主義を制御できるのか?

「アタリは、ブリリアントかつ挑発的に、金融危機後の世界を見通す。世界のすべての指導者が読むべきである」ヘンリー・キッシンジャー
「緻密な現実分析と歴史を見通すダイナミズム。欧州最高の知的成果の一つである」アルビン・トフラー

「サブプライム破綻」、「世界金融危機」を、前著『21世紀の歴史』で予見し、世界がその発言を注目するジャック・アタリ。日本でも、特別番組『ジャック・アタリ 緊急インタヴュー』が、NHK総合で二日連続放映(09年5/4-5)され、大きな話題を呼んでいる。本書は、危機に至った世界経済を緻密に分析し、それを800年に及ぶ資本主義の歴史から壮大なスケールで比較検討し、金融危機後の世界の見通し、金融資本主義のゆくえを論じたものである。

【内容目次】
日本語版序文――日本経済は“危機”から脱出できるのか?
序文――金融危機後、世界はどうなるのか?
第1章 資本主義の歴史は、金融危機の歴史である
第2章 史上初の世界金融危機は、こうして勃発した
第3章 資本主義が消滅しそうになった日
第4章 金融危機後の世界―世界は大恐慌へ突入するのか?
第5章 なぜ金融危機は起こったのか?
第6章 金融資本主義への処方箋―緊急プログラム
第7章 “21世紀の歴史”と金融危機

【著者紹介】
ジャック・アタリ(Jacques Attali)1943年生まれ。わずか38歳で、フランスのミッテラン政権の大統領特別補佐官を務め注目を浴び、1991年「ヨーロッパ復興開発銀行」の初代総裁となった。1998年には「プラネット・ファイナンス」を創設し、現在も途上国支援に尽力している。政界・経済界で重責を担う一方で、経済学者・思想家・作家としても幅広く活躍し、まさにヨーロッパを代表する知性として、その発言は常に世界の注目を浴びている。 2006年に出版した『21世紀の歴史』(邦訳作品社)では、翌年に発生した「サブプライム問題」、その後の「世界金融危機」を予見していたために大きな反響を呼んだ(邦訳は2008年刊)。また、サルコジ大統領は、この本に感銘を受け、2007年、大統領の諮問委員会として「アタリ政策委員会」を設置し、“21世紀フランス”を変革するための政策提言をアタリに依頼している。 日本では、2009年5月4-5日の二日連続で、NHK総合で特別番組「ジャック・アタリ緊急インタヴュー」が放映され話題を呼んでいる。著書は多数あり、経済分析・哲学書・歴史書・文化論と幅広いが、主な邦訳書は以下である。『21世紀の歴史』『国家債務危機』(作品社)、『カニバリスムの秩序』、『ノイズ──音楽・貨幣・雑音』(みすず書房)、『アンチ・エコノミクス』、『所有の歴史』(法政大学出版局)、『21世紀事典』(産業図書)ほか。