哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

辻章著作集
川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



「維新」的近代の幻想
日本近代150年の歴史を読み直す

【内容】
はたして、“明治維新”は、近代日本の“正しい”始まりなのか?
戦後75年を経て、コロナ禍の中で問う、もうひとつの〈日本の思想〉。


横井小楠、鈴木雅之、石田梅岩、津田左右吉、戦没学生たち……、忘れられ、抹殺されてきた一群の思想的血脈があった。
その思想を紐解き、「近代化」論に一石を投じる
日本思想史の第一人者による歴史の読み直し。


「過去の読み直しは希望を繋ぐものではなく、今の絶望を再確認させるものでしかないかもしれない。だがこれらの論文によって人は失われてしまった「本物」がたしかにそこに存在したことを知ることができるのではないだろうか。「本物」とはその人と己れに繋がる思想的血脈の存在を信じたくなるようなそうした人である。」(本書より)