哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

辻章著作集
川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



このはずくの旅路 ある開拓僧の生涯

【内容】
北の大地に埋もれた無名の僧の使命と苦悩 江戸末期に出家し、明治の社会変革の荒波のなかで新たな布教活動を目指して北海道に渡った無名の禅僧。原野での布教も檀家制度の因習に阻まれ、破戒の罪障と新家族のしがらみに苦悩し、悲劇的な一生を終える。葬式仏教から脱しえなかった仏教界の実相を、宗門最前線の開拓僧の立場から描く骨太の伝記小説。